己正塾 一日一学      いつか撃たれた言葉   

         己を正しくし、世界維新を志すブログ              愚者の個人的な見解で、真実と異なる場合もございます。

中江藤樹先生の言葉  21,9,17

軍忠を基準にして論ずれば、二心なく身を捨てて事に当たり、

礼儀正しく情け深く英雄の心を自分の心として軍兵をなつけ、

謀を帷幄(陣営)のうちにめぐらし、勝利を千里の外に決し、

百戦百勝の功を立てることを大忠という。

二心なく身を捨てて先駆けをして槍を突き合わせ、

敵の首を取る事を小忠という。

 

【塵世傍観】

地球の環境が壊れてしまった現代に、思うべきことは、

今迄、いいとされてきたものが、本当は悪いことかもしれない。

今迄、悪いとされてきたことが、本当はいいことかもしれない。

資本主義や競争社会というのは、地球に有害だろう。