己正塾 一日一学      いつか撃たれた言葉   

         己を正しくし、世界維新を志すブログ              愚者の個人的な見解で、真実と異なる場合もございます。

日曜聖話  21,9,26

【主の祈り】

天にまします我らの父よ。願わくは御名を崇めさせ給え。

御国を来たらせ給え。御心の天になる如く地にもなさせ給え。

我らの日用の糧を今日も与え給え。

我らに罪を犯すものを我らが赦す如く、我らの罪をも赦し給え。

我らを試みにあわせず、悪より救い出し給え。

 

【聖書の言葉】

主なる神は言われた。

「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。

今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、

永遠に生きる者となる恐れがある」。

主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、彼に、

自分がそこから取られた土を耕させることにされた。

こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、

エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。

 

【塵世傍観】

今回のパンデミックは、経済を意識してフリーズを起こしてしまい、

感染症対策の基本、ウイルスを閉じ込めることが出来ずに、

起こしてしまった、まさに人災だった。

これを見ていると、温暖化をとめることは、人間にはできないだろう。

これからは壊滅的な環境被害に毎年襲われる。

この文明社会がいつまでもつかが問題だが、

10年はおそらく持つと思うが、20年後はわからない。

50年後、人類が生き残っているかどうか…

少なくとも今の文明社会は破壊され、ボロボロの状態だろう。